HOME>トピックス>介護施設やタクシーでの利用が多くなっている

身体の不自由な人のための車

介護車

最近街で見かけることが多くなった車に福祉車両と言われるタイプがあります。福祉車両と言われる車は、身体の不自由な人だけでなく多くなって来ている高齢者が利用出来る便利な車です。福祉施設などで利用される車でディサービス時の送迎車にみられる車椅子ごとに乘ることが出来るリフト付きの車が多く知られています。また介護タクシーに使われているスロープ付きの車なども、この福祉車両に入ります。

車両の登録で減免を受けることが出来る

介護車

福祉車両では介護式と自走式に分類されていて、介護式車両は、身体の不自由な人の送迎が主な利用方法になります。これに対し自走式と言われる車両は、身体が不自由な人でも運転が出来るようにと補助装置がつけられています。手だけで運転出来るものや足だけで運なり、転出来る装置がつけられています。購入した車に運転補助装置が取り付けられたり、車椅子を乗せることが出来るようにと改造したなどの場合など、必要とされる条件を満たす場合には、消費税が非課税になります。また障害者手帳があることで、自動車税や自動車取得税が免除となります。但し減免を受けることが出来る車の対象は一台のみとなり、複数台の所持は認められません。新車を改めて購入した時には、古い車の手続きを解消する必要が出て来ます。

広告募集中