放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、障害のある子どもや発達に特性のある子どもが、学校の授業終了後や学校休業日に利用できる福祉サービスのことです。宇都宮などの各都市に放課後等デイサービスがあります。

放課後等デイサービスを利用できるのはどんなとき?

対象となる子どもとは?

知的障害や発達障害を含む精神に障がいなどがある小学1年生から高校3年生までの子どもたちが対象です。

利用するための条件とは?

障害のある子どもが対象ですが、療育手帳や精神障害者保健福祉手帳を持っていなくても、役場などで受給者証を発行してもらえれば通えます。

利用するのにどれ位のお金がかかりますか?

障害児給付費の対象となるサービスであるため、受給者証があれば国と自治体から利用料の9割が給付されます。そのため、1割の自己負担でサービスが利用できます。

サービスを利用するためにはどこで申し込むのですか?

放課後等デイサービスを利用するためには、各市町村にある福祉窓口に利用の申請を行う必要があります。

施設を見学することは可能ですか?

事前に施設に予約する必要はありますが、基本的には開所時間内であれば見学することは可能です。

就学中の障害児の放課後を見守ってくれる

園児と先生

放課後等デイサービスとは小学校から高校に就学している6歳から18歳までの障害児を対象とした学童保育というようなもので、宇都宮にもいくつかの対象施設があります。障害者手帳や療育手帳を持たない児童であっても、専門家等の意見書により必要と認められれば通所の申し込みが可能なケースもあります。放課後等デイサービスは、習い事型や療養型など施設ごとにさまざまな特徴があり、子供の好みや特性に合わせて選択が可能です。保育士や児童指導員、さらに児童発達支援管理責任者などが専門的な観点から子供の療育を支えることができ、また子供にとって家庭や学校とは別のリラックスした空間を提供できることなどから、とても評判が良いようです。障害児通所給付費の対象であるため、受給者証を取得すれば国と自治体から費用の9割が給付されます。利用日数により費用は異なりますが、もし日数が多い場合でも保護者の所得により負担額の上限が定められているので安心です。1ヶ月の上限は前年度の収入が約890万以下であれば4600円、それ以上の場合は37,200円となります。生活保護受給世帯や市町村民税非課税世帯では負担額は0円です。

さまざまなサービスを上手に利用しよう

保育士

宇都宮の放課後等デイサービスでは学校からの送迎や家までの送迎をしてくれる施設がほとんどです。平日は施設に到着後、宿題や遊びなど自由に過ごすことができます。中には集団で運動をしたり、造形活動などをしたりするところもあります。休日には生活スキルトレーニングなどの個別指導の他、工場見学や動物園に行くなどの楽しい企画が準備されることもあります。障害児のコミュニケーション能力の向上や社会性を身に付けるなどの目的で放課後等デイサービスを利用することもあるでしょう。また、安心できる子供の居場所を確保したり保護者の情報交換の場をつくる等の活用方法もあります。さらには、子供を預けることで保護者がほっとできる時間をつくることも放課後等デイサービスの大切な役割の1つだといえるでしょう。

広告募集中